東光禅寺@山県

  • 室町時代(1336年~1573年)、東陽英朝によって開山。
  • 経蔵は宝暦年間(1751年~1764年)に建立。
  • ご本尊は聖観世音菩薩。

伊自良湖へ向かう途中にある東光禅寺。
まるで武家屋敷のような風格ある山門と塀が特徴のお寺です。

f:id:necotora55:20170611222712j:plain f:id:necotora55:20170611222720j:plain

圧倒的な広さの落ち着いた境内。
男性的な外観とは対照的に、境内はどこか女性らしい繊細さを感じることができる不思議な空間。

f:id:necotora55:20170611222727j:plain f:id:necotora55:20170611222734j:plain

本堂が解放されていたので、参拝してきました。

f:id:necotora55:20170611222743j:plain f:id:necotora55:20170611222751j:plain

境内の小高い丘の上に鐘楼があります。
少し先には経蔵が。この経蔵は京都の知恩院のものと全く同じ大きさだとか。
毎年秋のお彼岸に経典を本堂に運んで供養していて、これを運ぶと中風にならないと言われているそう。
蜂がまとわりついてきたので、あまり長居はできず丘を降りました。

f:id:necotora55:20170611222758j:plain f:id:necotora55:20170611222802j:plain
f:id:necotora55:20170611222808j:plain

時間がなく不本意ながらささっと見るだけで退散してしまいました。
いつかリベンジします!

毎月12日は観音講で、檀家が米三合を持参して食事を取るという行事が100年以上も続いているそう。
米が今よりずっと貴重だった時代から続いているって、すごい。
富士山 東光禅寺(臨済宗)
山県市小倉618-41
0581-36-3005
広告を非表示にする