読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第25番)養老寺

ずっと気になっていたのがお寺の駐車場。無料駐車場があることは確認していたけど、その無料駐車場へ行くには養老公園の有料駐車場を通らざるを得ないようだったのでちょっと気が引けていました。

なんとか有料駐車場を通らなくても辿り着けそうな道を探したけど、段々面倒くさくなってきて、もう現地で聞いてしまえ!と出かけてしまいました。

結論、駐車料金300円、かかります。

駐車場の係員さんに「養老寺へ行きたいのですが~」と伝えましたが、フツーに料金を請求されました。養老寺も養老公園の施設の一つ、という位置づけなんですね。

※朗報※
平成29年4月3日(月)~平成30年3月31日(土)まで、駐車場が 無料 です!
養老公園平成29年3月20日から開催されている「養老改元1300年祭」のメイン会場とのことで、来園者アップを期待して無料開放するそうです。

f:id:necotora55:20170402170154j:plain f:id:necotora55:20170402170138j:plain

石碑の左手が養老寺です。
敷地内に保育園があったりで、どこからどこまでがお寺の敷地なのかよくわからないまま奥に進むのですが・・・

f:id:necotora55:20170402170028j:plain f:id:necotora55:20170402210352j:plain

・・・なんか違和感。

気のせい・・・か?

さらに進んでいくと悲痛な立て看板を発見してしまいました。

f:id:necotora55:20170402170059j:plain f:id:necotora55:20170402170106j:plain

本堂修繕の為の費用を募っているそう。ちょっとひどい破損具合。このお寺にも時代の波が押し寄せているんですね。

その本堂を確認しようと境内を探したけど・・・。

f:id:necotora55:20170402170033j:plain f:id:necotora55:20170402170115j:plain

ない・・・?

違和感の正体はこれでした。
ちょうどご住職が庫裏から出てみえたので本堂のことを伺ったところ、結局修繕するための資金が集まらず、2016年に取り壊しを余儀なくされたそうです。

f:id:necotora55:20170402170046j:plain

ご本尊は本堂の隣にあった不動堂へ移し、今は不動堂を本堂として凌いでいるそう。
御朱印をお願いするとその不動堂へ案内され、とても丁寧に書いてくださいました。

しばらく世間話をしていたら、40人超えの団体さんが大挙して来たので、勢いに負けて退散しました。
宝物殿、大人気。

f:id:necotora55:20170402170200j:plain f:id:necotora55:20170402170125j:plain
とても気さくなご住職で色々お話しができました。
今回は見送りましたが、宝物殿もお願いすれば快く見せていただけるようです。
第25番 滝寿山 養老寺(浄土真宗)
養老郡養老町養老公園1276-1
0584-32-1021
広告を非表示にする