読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第01番)横蔵寺

f:id:necotora55:20170107122549j:plain

まずは西美濃三十三霊場の第1番、ミイラ寺として有名な横蔵寺からスタート。
日本最古の観音霊場、西国三十三番華厳寺から車で20分ほど。 ぐるっと周囲を山で囲まれた、なかなか山深い場所にあります。

アスファルトで整えられた広々とした横蔵寺の駐車場。駐車料金は一日300円。
6月に来たときは無料だったんだけどな…と思って係員さんに尋ねると、閑散期にあたる2月や6月だけ無料なんだそうです。駐車料金の収入より係員の人件費の方が多くかかってしまうんでしょう。

山門、本堂、観音堂、瑠璃殿、舎利堂と順に巡ると、ちょうど境内を一周することになります。駐車場から出てすぐにある赤く塗られた橋を渡って山門を目指します。
f:id:necotora55:20161230153741j:plain f:id:necotora55:20161230154109j:plain
もみじが至る所に植えられています。
f:id:necotora55:20170107122627j:plain f:id:necotora55:20170107122538j:plain
紅葉シーズンには夜間のライトアップもあるとか。
f:id:necotora55:20170107122600j:plain f:id:necotora55:20170107143839j:plain
f:id:necotora55:20170107122616j:plain

瑠璃殿
入館料は舎利堂と併せて300円。国指定重要文化財など多くの文化財が保存されていて、入口では堂々たる仁王像が参拝者を出迎えます。
額に干支が飾られた12体の像の中から自分の干支を見つけ参拝する、とのこと。

f:id:necotora55:20170107122609j:plain

舎利堂
妙心上人のミイラが安置されています。以前テレビ番組で見た、インカ帝国時代に生贄となった少女のミイラは、ケースに入れられ完璧な状態で保存されているのに対し、妙心上人のミイラはほぼむき出しの状態で保存されています。
日の当たりにくい部屋の奥、かつ見学エリアから少し離れた場所に置かれているので若干見づらいです。

西美濃三十三霊場の御朱印帳が舎利堂内で販売されていたので購入。一冊2000円です。
※後にわかることなんですが、別のお寺(文殊寺)では1500円で販売されていました。購入するときはよーく確認しましょう!御朱印と一緒にピンクのミニわらじストラップも頂きました!
f:id:necotora55:20170107122525j:plain f:id:necotora55:20170107122518j:plain
行楽シーズンだったので参拝者が多くとても賑わっていました。
以前訪問した6月は、木々の緑が青々していてとても清々しく、ひっそりと静かなお寺は神秘的で今回とは全く違う雰囲気でした。
境内にはもみじをはじめ木が多いので、季節毎に色んな表情が見られるんだろうなあ。
第01番 両界山 横蔵寺(天台宗)
揖斐郡揖斐川町谷汲神原1160
0585-55-2811
広告を非表示にする