読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第03番)月桂院

  • 天正9年(1581年)、少林山月桂庵として開山。
  • 延宝7年(1679年)、臨済宗から曹洞宗に改宗し、寺号を月桂院と改称。
  • 西美濃三人衆の一人、稲葉一鉄の菩提寺

揖斐川町シリーズ第三弾、本日最終目的地の月桂院は東光寺から車で10分程です。
このお寺、訪問するのは二度目。一度目はカメラを持たず予備知識もなくフラッと訪れました。
境内に咲く幾種類ものお花や気さくなご住職の雰囲気が、お寺特有の堅いイメージを柔らかいものにしていて、とても居心地が良かったんですよね。
また来れたらいいなーと思っていたので、霊場の一寺院であって嬉しい気持ちがありました。

f:id:necotora55:20170114162245j:plain

黄色いお花が参道に咲き乱れていました。

f:id:necotora55:20170114162239j:plain

本堂に向かって歩いていくと・・・

お婆さまがしゃがみ込んで草むしりの真っ最中。本堂の建物にばかり気を取られて、通り過ぎるまで全く気づかず、かなりびっくりしてしまいました。(失礼)

f:id:necotora55:20170114162251j:plain

とっても柔らかな笑顔で、「何かご用件がありましたか?」「昔はよくお見えになる方がいたんですが・・珍しいですね」とお話しされていたことから、今は随分参拝者が減ってしまっているのかな。

f:id:necotora55:20170114162255j:plain f:id:necotora55:20170128154456j:plain

「年寄りが書きますので・・・」と謙遜されましたが、100才が近いとは思えない力強い筆跡です。

笑顔も話し方も全てが柔らかいお婆さま、ご住職のお母さまでもうすぐ100歳だそうです。若い!
お寺を後にする際、「もう会うことは最後かもしれないけれど・・・お元気で」と見送っていただきました。
お婆さまこそお元気で。

明るい雰囲気にあふれるお寺です。私にとっては元気がもらえるパワースポットかもしれません。
第04番 清光山 月桂院(曹洞宗)
揖斐郡揖斐川町長良72
0585-22-2652
広告を非表示にする