読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岐阜梅まつり’17

春の嵐が吹き荒れる3/11(土)、ぎふ梅まつりへ行ってきました。
6年が経ち「祭り」への抵抗感も罪悪感も和らいできましたね。 無事に春の訪れを喜べることに感謝。

f:id:necotora55:20170312174253j:plain

岐阜梅まつりとは、梅の花が見頃となる(であろう)毎年3月上旬に、梅林公園を含む周辺の商店街で開催されるお祭り。
梅林公園内では露店や武将隊のアクションショーなど、商店街では人力車やフリーマッケットなど、様々なイベントで賑わいます。
今年は桜の開花が平年より遅いと言われるので梅はどうかな?と思ったのですが、満開を迎えている木もあり、ホッ。

f:id:necotora55:20170312174243j:plain f:id:necotora55:20170312174235j:plain
f:id:necotora55:20170312174307j:plain

遅咲きの梅はまだまだ見頃ではないようだったので、公園全体では五分咲きくらいでしょうか。
ちょっと裸の枝が目立つような?

露店のいい匂いに釣られて公園内を歩いていたらお寺を見つけました。
「龍興庵」

f:id:necotora55:20170312174204j:plain

斎藤龍興によって岐阜市加納に建立され、明治時代になってこの場所に移されたのだとか。
ご本尊は知恵観音。谷汲山華厳寺のご本尊の分身です。
現在も加納地区には「竜興」という地名が残っているので、恐らく最初に建立された場所でしょう。

f:id:necotora55:20170312174208j:plain f:id:necotora55:20170312174217j:plain

公園の奥に進むと、石の階段が山に向かって続いていました。
またまたお寺かな?と思ったら神社でした。
「篠ヶ谷神社」

f:id:necotora55:20170312174321j:plain f:id:necotora55:20170312174312j:plain

近江国多賀大社の分霊が祀られています。
伊邪那岐命(いざなぎ)、伊邪那美命(いざなみ)の夫婦神がご本尊とのこと。

f:id:necotora55:20170312174351j:plain

神社の左右には広場が続いていてさらに奥へも行けそうだったのですが、少々道が険しかったので断念。 風も強くなってきたしね。。
お昼過ぎ、人が増えてきた頃に切り上げとしました。

人と露店でとにかく混雑していた梅林公園。 3月下旬まで咲く梅もあるとのことなので、混雑を避けたい方へは3月中旬過ぎの訪問をお勧めします。


f:id:necotora55:20170312174356j:plain

帰りは近くのカフェでのんびりコーヒーを頂いてきました。
ごちそうさまでした~。

広告を非表示にする