読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田信繁ゆかりの社寺を尋ねて

昨年末、ちょっとした用事があり大阪へ行ってきました。
大阪と言えば、2016年シーズンの大河ドラマ真田丸」のクライマックス、大阪夏の陣、冬の陣が起こった地。激戦地であった大阪城南には元城下町らしくお寺が点在しています。

f:id:necotora55:20170101095759j:plain

日本史は義務教育止まりの私。
真田丸を見るまで真田信繁という戦国武将は全然知りませんでした。
戦国時代には疎いけど、色々な番組で取り上げられた地だしちょうど通り道だしということで足をのばしてみました。


JR玉造駅から徒歩10分ほどで宰相山西公園内の「三光神社」に到着。街のあちらこちらに案内看板があり、迷うことなく到着できました。

参拝を済ませ、真田信繁銅像をパシャリ。
有名な撮影スポットらしく、参拝者(観光客)が途切れた一瞬を狙いました。
銅像の横にある真田の抜穴は途中で埋められていたんですが、昔のように大阪城まで続いていたら面白いですね。

f:id:necotora55:20170101161532j:plain f:id:necotora55:20170101095721j:plain

宰相山西公園をぐるりと回り、「心眼寺」に来ました。
山門をくぐったすぐ左に真田信繁のお墓があります。このお墓、2014年に建てられたばかりなんですね。
真田丸ファンにはかなり人気のお寺らしく、大勢の参拝者(観光客)で賑わっていました。

f:id:necotora55:20170101161500j:plain

路上駐車が多かったのが残念。
片側一車線の道路上、駐停車禁止の標識の真横に駐車してお寺へ入っていったファミリーとか、ちょっとすごい。


その後、大阪明星学園前を通り、真田信繁が必勝を祈願して釘を打ち付けた榎の木がある「円珠庵」へ。
このお寺は写真撮影が禁止されているからか、参拝者(観光客)は誰もいませんでした。
こじんまりした境内には絵馬がたくさん奉納されてありました。


天王寺真田信繁が戦死したといわれる「安居神社」も訪問したかったんですがタイムオーバー。真田山エリアだけなら一時間ほどで見て回ることができるので、大阪観光の一環として気軽に訪問できるかな、といった印象。
用事を済ませた後は、大阪駅の近くにある「梅田食道街」でお好み焼きを食べて、無事大阪の旅を終えました。
駆け足で巡った大阪、次はもうちょっと楽めたらいいなー。


※印を付けたお寺が真田丸の主人公、真田信繁にゆかりのある社寺です。