霊松院@岐阜

  • 応安4年(1371年)、後醍醐天皇の大五王子である無文元選が開創。
  • 寛永17年(1640年)、石翁玄需が再建。
  • ご本尊は聖観音菩薩。

小雨が降る中、岐阜薬科大学の近くにある霊松院を訪問しました。境内はちょっと霧がかっていて厳かさアップ。 背の高い木々がお寺の歴史の深さを象徴していますね。

f:id:necotora55:20170415183803j:plain f:id:necotora55:20170415183807j:plain
f:id:necotora55:20170415183812j:plain

山門を潜るとまず、重厚感のある庫裏が目に飛び込んできます。唐破風の玄関が特徴的です。

f:id:necotora55:20170415183826j:plain f:id:necotora55:20170415183854j:plain
f:id:necotora55:20170415183832j:plain f:id:necotora55:20170415183817j:plain

朱色の屋根がちょうどお地蔵さまの雨よけになっていました。

なんだか気軽に参拝するわけにはいかなさそうな雰囲気の本堂。
現在の建物は江戸時代中期に完成し、当時は修行道場として知られていました。

f:id:necotora55:20170415183839j:plain f:id:necotora55:20170415183901j:plain

敷地内には、宝暦治水工事の普請監督であった内藤十左衛門のお墓があります。
宝暦治水工事とは、幕府が薩摩藩に命じて行わせた木曽三川の治水工事。水害に苦しむ地元を救うためだけでなく、薩摩藩を弱体化させる狙いがあったとも。
内藤十左衛門は、地元の庄屋が指示通りに働かなかったため、幕府から自身の関係者へお咎めがあっては申し訳ない、と 自害したそう。

f:id:necotora55:20170415183908j:plain f:id:necotora55:20170415183913j:plain

訪れた際には静かに手を合わせたいですね。

南門には警察官の供養碑を兼ねた交通安全身代わり地蔵が祀られています。
瑞厳山 霊松院(臨済宗)
岐阜市岩崎3-15-1
058-237-1496
広告を非表示にする